ある社会人女性がアムウェイに勧誘された体験談 2

この記事では、ある社会人女性、Mさんのアムウェイ勧誘体験の続きをご紹介します。前編の記事はこちらです。

[kanren postid=”537″]

人数合わせの合コン

社会人サークルの掲示板で、「合コンの人数が一人足りないので女の子募集!!!」という投稿があったそうです。

 

Mさん当時、とにかく友達が欲しかったので、思い切って行ってみたそうです。

 

合コン自体は、男女3:3のいたって普通の合コンで、そこで「がっきーさん」という年上の女性と仲良くなりました。

 

最後まで本名はわからず、がっきーさんと呼んでいたそうですww

 

 

Mさん「友達作りのために合コンに参加しました!!」がっきーさんに話したそうです。

がっきーさんも地方出身者だったため、「私と一緒に友達作りしよう!!」となったそうです。

 

 

そこから、休みの日に一緒にカフェに行ったり、ランチをしたりの関係が続きました。

後々考えておかしな点は、予定を聞いてくるLINEの頻度が多すぎたことぐらいだったそうです。

 

毎日レベルでがっきーさんからLINEが来ていたそうです。

 

それ以外は、優しいお姉さん」という感じだったそうです。

 

 

しかし、ある時から、頻繁に「パーティーがあるから来ない??」という誘いが始まったそうです。

 

あまりにも誘われるので、「一回行っておくか!!」という感じで参加したそうです。

どんなパーティーかを聞いても、返事は具体的なものではなく、「仲のいい人が集まるパーティーだよ!!」という曖昧な返事だったそうです。

 

 

この時点で結構きもい笑

スポンサーリンク


誘われた謎のパーティー

パーティー会場は、ハワイアンな開かれた居酒屋のような感じだったそうです。「人脈があれば、こういうところも安く借りられるよ」と言っていたそうです(笑)

 

ネットワークビジネスやアムウェイ信者は「人脈」という言葉が大好きです(笑)

その会場は、立食パーティー形式で、総勢十数人はいたそうです。

 

 

その中には、Mさんのようにアムウェイ会員によって連れてこられた人が、数人いたそうです。

パーティーのおかしな点がこちら!!

・パーティーに連れてこられた人のそばを、連れてきた人が離れない。監視役??
・パーティーに連れてこられた人同士での連絡先交換NG
・本名はNG、ニックネームで呼び合う。(がっきー、トッティなどwww)
・トッティから頼んでいないのに、ホワイトボードでネットワークビジネスの説明を受けるww

 

トッティは推定アラフォーの男性。がっきーさんの尊敬している人らしい(笑)

(アムウェイでの階級ががっきーより、トッティの方が上のため)

 

 

アムウェイ会員は監視役として、連れてきたターゲットを離しません。

がっきーさんは、パーティーの間中「何かあったら私に聞いてね!!」とずっとそばにいたそうです。立食パーティーの意味ないですよねww

 

 

この時点で、Mさんはパーティーの雰囲気がかなり気持ち悪かったそうです。

 

連絡先交換はNGですが、Mさん「みんなと繋がりたいから、LINE交換したい」と言いました。

 

 

 

すると、がっきーさん「これからも会うことあるし、今日は初対面だから交換しなくていいんじゃない??」と、訳の分からないことを言ったそうです(笑)

 

 

アムウェイでは、会員になった場合、アムウェイに誘ってくれた人の゙グループ゙に入ります。

それぞれ連れてこられた人が異なるので、パーティーに連れてこられた人同士が同じグループになることはありません。

 

 

パーティーに連れてこられた人同士が同じグループになることはないので、「連絡先を交換する必要がない」とアムウェイ側が考えているのだと個人的には思います。

 

 

ニックネームで呼び合うアムウェイやネットワークビジネスのパーティーは非常に多いです。

 

胸に名札を付けたり、アムウェイのリーダー格の人間がニックネームで呼ばれる場合も多いです。

 

このパーティーでは、Mさんを含め、初めて連れてこられた人がニックネーム入りの名札を付けていたそうです。
単純に呼びやすく、親しみやすくするためでしょうか。

 

 

トッティというのはイタリアの超有名なサッカー選手ですwwそいつがサッカー好きのため、この名前だったそうです。キモ過ぎですwww

ネットワークビジネスの説明。

いよいよパーティーの終盤になると、トッティが仕掛けてきます(笑)

頼んでもいないのに、ネットワークビジネスの凄さや稼ぎ方について、持参したホワイトボードを使って、説明してきたそうです。

 

ホワイトボード持参している時点でこのパーティーも勧誘目的ですよね(笑)

 

「人脈を増やすことで、君も稼げるんだよ!」
「今の若い人は、起業家志向が足りない!」
「もっと、自分で稼ぐスキルを身に付けるべき!」

 

という持論を、ホワイトボードを使って説明してきたそうです。

 

 

そして、ここで初めて、そのビジネスの正体が「アムウェイ」であると説明を受けたそうです。

Mさんは、現在の仕事に満足していたため、全く興味がなく断ったそうです(笑)

 

その日以降、がっきーさんにも連絡を返しませんでした。

 

 

 

しかし、そこから返信していないのに4か月にわたり、LINEで連絡がきたそうです。

連絡を返さなくても、ひたすら連絡してくるのはアムウェイ会員の特徴のひとつです。

 

このような場合、アムウェイネットワークビジネスを疑いましょう!!

以下のページでは、「僕の先輩がフットサルでアムウェイの勧誘された話」「僕の後輩の女の子がフットサルでアムウェイに勧誘された話」をご紹介しています!

[kanren postid=”176″] [kanren postid=”191″]

ある社会人女性が実際に受けたアムウェイ勧誘体験談1

この記事では、ある社会人女性がアムウェイに実際に勧誘された体験をご紹介します。

この女性の勧誘体験1、2で紹介する例は、完全な「だまし討ち」が多く、アムウェイ会員の姑息な勧誘の方法がお分かり頂けると思います。

彼女のプロフィール

Mさん
社会人3年目。北海道出身。こちら(大阪)には友達がいません。

勧誘されるまで、アムウェイの名前すら聞いたことがない。

 

こちらに友達がおらず、寂しすぎて、友達を作ろうと、社会人サークルのメンバー募集掲示板を2つ利用。

参加したイベントがほとんどアムウェイネットワークビジネス勧誘の温床となっており、実際にアムウェイの勧誘を3度受けました。

この体験の数々から今は「大阪嫌い」にまでなっています。ここから、彼女が実際に受けた体験を書いていきます。

女性無料、メイク体験

掲示板のメンバー募集に次のような投稿がありました。

「女性限定、無料メイク体験レッスン」
ヘアメイクアーティストによって「無料」でメイクしてもらえるイベントです。

Mさんは、これに参加しました。「人と触れ合える場所ならメイク体験でもとりあえずなんでもいい!!」と思ったそうです。彼女はそれほど友達が欲しかったのです。

案内のあった住所は、普通のマンションでした。そのマンションの一室でメイクは行われており、すでに数人の女性がメイクをしてもらっていたそうです。

スタイリストの中には、「安室奈美恵のメイクを担当した人もいる」などの説明を受けたそうです。

アムウェイ会員は、「有名人」や「先生」など゙権威的発言゙大好きなのですww

そこの化粧品が、すべて「ARTISTRY」というアムウェイの製品だったそうです。

 

メイクが終わると、頼んでもいないのにアムウェイの会社の説明をされたそうですww「この説明も無料だし、聞いて!!」と。

全くアムウェイに興味がなく、現在の仕事にも満足しているMさんは一通り聞いた後で断って、その日は帰ったそうです。

このように「無料」という言葉を使って、掲示板で誘うケースは多くはないですが、存在します。

他には、「女性は無料の飲み会」「参加費無料のイベント」などは怪しいです。

「無料」と言う言葉は、恐ろしい゙裏゙がある場合が多いですので皆さん気を付けてください!!!

スポンサーリンク


「サッカー観戦のはずが」

Mさんは、兄と父がサッカーをやっていた関係で、サッカー観戦が非常に好きでした。

そんな時、掲示板に「一緒にサッカー見に行ける友達募集!!」という投稿があったそうです。

 

Mさん「さすがにこれはネットワークやアムウェイじゃないだろう!!」と思ったそうです。

この時は、上記の「無料メイク」、体験2でご紹介する「合コン」を経験して、アムウェイには免疫がある状態でした。

しかし、スタジアムで一緒に見るはずの投稿であるのに、一向にスタジアムに行く話がされなかったそうです。

「サッカー観戦もいいけど、それより一回フットサルを見に来ない??」「来週の日曜日空いている??」など関係ない連絡ばかりだったそうです。

しかも、その誘われたフットサル場はアムウェイ会員がよく使っている施設であることをMさんは知っていました。

フットサルは平日だったため、「仕事だからいけない!!」というと「最後の10分だけでもいいから来てみなよ!!」という返事だったそうです。

 

さすがに、意味不明だったため、ネットワークビジネスアムウェイを疑って、連絡を絶ったそうです。

「サッカー観戦どこいったんだ」と(笑)

社会人サークルなどの掲示板にはアムウェイネットワークビジネス「だまし討ち投稿」が非常に多いので、よく相手の連絡などを吟味してください!!

「行ってみたら、アムウェイの勧誘だった」なんて話しはよくある話ですので!!

1人ではイベントに極力参加しない!!というのも、有効です!!

世界一の製品だか何だか知りませんが、一人の女性を「大阪嫌い」にまでしてしまう会社って、、、(笑)

[kanren postid=”566″][kanren postid=”591″][kanren postid=”615″]

私のフットサル仲間の後輩女子がアムウェイに実際に勧誘された体験談5

これまでの記事では、A子がいかにアムウェイに勧誘され、いかにA子がアムウェイに染まったかをご紹介しました。前回までの内容はこちら。

[kanren postid=”191″][kanren postid=”203″][kanren postid=”211″][kanren postid=”225″]

この記事では、A子がなぜアムウェイを辞める決断をしたか」をご紹介します。

目の当たりにしたK君による強引な勧誘

まず、全4回の勧誘が終わったあと、次にK君と会うまで少し日が空きます。

この間に、僕たちの週2回のフットサルがいつも通り開催されました。

そのフットサル後に、K君はA子を隣に座らせ、フットサルのあるメンバーに勧誘を仕掛けました。

勧誘の仕方をA子に教えるつもりだったのでしょう。

 

勧誘されたメンバーは、フットサルのなかで最年長で、A子もかなり慕っている人でした。

また以前にもそのメンバーがK君から勧誘を受けていたことをA子は知っていました。

 

その人が、K君の勧誘を聞き流し、拒否しているのにもかかわらずK君が威圧的だったことがかなり印象的だったそうです。

『アムウェイをしてくれるまで、20年でも30年でも勧誘あきらめないですよ』と(笑)怖すぎ(笑)

 

これを見て、A子は『あ、間違っているかもしれない、あんなそっけない態度見たことない!』と、結構な気付きだったそうです。

このメンバーの引きっぷりと威圧的なK君にA子は初めて怖くなりました。

このK君の強引な勧誘を見て、初めて「自分にはアムウェイは出来ない!」と思ったそうです。

「フットサルメンバーに引かれてまでアムウェイをしたくない」と。

あまりにも不可解なK君の発言

また、アムウェイをやろうと思う以前から、A子は海外へのサッカー留学を計画し、家族に応援してもらっていました。

一時留学は先延ばしにし、「アムウェイを頑張ってみよう」と思っていましたが、これらの理由を含めて、アムウェイを辞めることをK君に相談しました。

これに対する返事が凄いwwK君の発言がこちら(笑)

『A子は今留学行ったらケガすると思うよ。』

『1年はアムウェイ頑張って、経済力と人脈を付けてから行っても遅くないから、とりあえず1年はいかない方がいいと思う。』

『アムウェイのプロテインとかで体作ってからの方がいいよ』ですwwwww

この発言は、あり得ないですよね(笑)なんの根拠もありません(笑)

スポンサーリンク


姉の強烈な反対

また、会社の研修により、家を空けていたA子の姉がこのタイミングで帰宅します。2人は同棲していました。

今思うと、姉の留守中を狙ってK君はA子を勧誘していたのでしょう。

姉もフットサルのメンバーだったため、K君はこの姉の研修のことを知っていました。

A子は「K君に留学を延期した方がいいと言われ、迷っている」と姉に相談しました。また運良くか悪くか、姉が研修から帰宅した日にアムウェイのプロテインが自宅に届くのです(笑)

もちろん、A子がアムウェイをやろうと決心した際に購入したものです。

姉はA子がアムウェイをしていることを父から聞いていました。そして、届いたアムウェイのプロテインを見た際の姉の発言がこちら(笑)

『家族が留学を応援しているのに、会って間もないKの話で気持ちが揺らぐってどういうことや!!あほか、アムウェイはねずみ講やろうが!!』

『Kも、いきなり留学やめとけとか他人事やから言ってるだけやろ!!家族とKどっちが大事やねん!アムウェイはやめて、KのLINEブロックしろ!!』です。

ブチギレですね(笑)

 

姉妹でこうもアムウェイの捉え方が違うんですね。姉の方は、アムウェイがどういったものか知っていたのです。※アムウェイはネットワークビジネスであり、ねずみ講ではありません。

家族や今までの友達を大切にしたいという思い

アムウェイでは、『アムウェイをやれば、友達がいっぱいできるよ!!』と誘われます。

これに対し、A子は『これからできる友達よりも今までの友達を大事にしたい』思ったのです。

若干20歳でここに気付けた彼女は本当にすごいと思います。

 

アムウェイをやる、やらないに関係なく僕もそう思います。

大人になってからの友達作りに消極的になる必要はありませんが、今まで出来た友達はかけがえない友達ですからね。

そこを十分に大事にしていくことだけでも人生は豊かなものであると僕は思います。

勧誘を受けた場合は親しい、本当に信頼の置ける友人や先輩に第3者として相談に乗ってもらうということが有効かもしれません。

今回のように、親や兄弟の発言を素直に受け入れ、アムウェイやネットワークビジネスを辞めるケースは決して多くはありませんので!!

とりあえず、A子がアムウェイを辞めて帰ってきて、僕たちフットサルメンバーはほっとしました。A子は留学に向けて、英語を猛勉強中です!!

K君は勧誘がバレて、バツが悪くなったのでしょうか。今は全く連絡もなく、僕らと会ってもいません。

まとめ

以上がA子がアムウェイに勧誘された話でした!

フットサルはアムウェイに限らず非常に勧誘が多いので皆さん気をつけてください!

以下のページでは「僕の先輩がフットサルでアムウェイに勧誘された話」「社会人女性Rさんがアムウェイの勧誘を受けた話」をご紹介しています!

ぜひ 読んでみてください!

[kanren postid=”176″][kanren postid=”1295″]