破られまくり??違法??アムウェイの営業において禁止されていること6選 後編3つ

この記事では、アムウェイの営業において、禁止されている行為の残り3つをご紹介します。「前編」はこちら [kanren postid=”1033"]

ほぼパンフレットの通りにご紹介しています!

ネット上のみのビジネスは禁止

ソーシャルメディアなどによる不特定多数に向けた勧誘や広告、宣伝は禁止です。

FacebookTwitterブログなどでの勧誘や宣伝はこれに当たります。

 

別記事でも紹介した、プロテイン2ゴーのパッケージに「instgramでシェア!しよう」と書かれていたのですが、、これは飲んだ感想であり、あくまで宣伝ではないと言うことでしょうか??

 

 

また、ソーシャルメディアを通じて知り合った方にアムウェイを伝える場合も、

まずはお互いのことを知り、十分な信頼関係を築くことが大切。

 

 

メールだけなどで勧誘をせず、事前に会う目的をきちんと伝えたうえで直接本人に会いましょう。

これはグレーですね(笑)ネットを通じて初めて会い、その日に勧誘なんてザラです(笑)

 

十分な信頼関係という表現も主観でしかないですもんね(笑)

確かに、SNSで大々的に商品を宣伝している人はいませんから、この部分は守られていそう。

スポンサーリンク

栄養補給食品を薬と思わない、思わせない。

「化粧品は効能・効果や安全性の保証をしないこと。」ルールを守って製品の説明を。

栄養補給食品は、「医薬品のような効能・効果がある」と誤って伝えてしまうと医薬品医療機器等法が適用されます。

 

※たとえ、自分自身が使用して実感したことでも、効能・効果については法律上認められていない表現は使えません!!

 

 

栄養補給食品によって「アトピーが治る!」「疲れが取れる!」など治療効果や体の不調の改善を示すような表現は薬と疑われるのでやめましょう。

化粧品を使うことにより「誰でも肌にハリが出る!」などと効能・効果を保証することは禁止されています。

 

 

また、安全性を保証したり、優位性を伝えるために他社製品と比較することも禁止されています。

こちらもグレーですね、、(笑)

「アトピーが改善する」というのは実際に聞いたことがありますし、アムウェイの洗剤「手荒れが治った」も聞いたことがあります(笑)

 

 

アムウェイの製品デモなんて思いっきり他社製品と比較しますしね(笑)

(メーカー名は隠しますが誰でも分かる雰囲気(笑))

スポンサーリンク


インターネットを利用してのアムウェイ製品の販売

インターネットを利用して、アムウェイ製品を販売することは出来ません。アムウェイ製品は、商店やインターネットなどで販売することはできません。

製品の良さを人から人へフェイス・トゥ・フェイスで誠実に伝えることを基本としているからです。

 

セールス&マーケティング・プランから逸脱するサービスを個人の判断で行うことは禁止されています。

 

これは6選のうち一番意外でした。別記事の「アムウェイの製品の購入方法」でも挙げましたが、楽天amazonInatureメルカリのように

インターネット上でもアムウェイ製品はかなり売られています。

 

 

メルカリなどは、本人特定されない方法もあるため、会員が売りさばいていると予想していますが、、(メルカリでは匿名で商品を送ることもできる)

 

フェイス・トゥ・フェイスも守られていないわけですね。

まとめ

以上がアムウェイの営業で禁止されていること6選でした。

結果として、ほとんどの項目は守られていません。ガイドブックには一応記してありますが、暗黙で黙認という形なのでしょうか。

 

それとも、ディストリビューター「本番の勧誘ではきれいごとは通じない!」と勝手にルールを破っているのでしょうか。

いずれにせよ、ここに挙げた禁止行為をしている会員は印象がとても悪いので、少なくともルールを守ることを強くお勧めします(笑)

以下のページでは、「アムウェイの営業で禁止されていること前編」「アムウェイのディストリビューターとは?」をご紹介しています。

是非よんでみてください!

[k[kanren postid=”1033"]an[kanren postid=”426"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です