なぜアムウェイ(ネットワークビジネス)は嫌われるか??勧誘を10度以上経験した僕がその理由を解説します。

僕はアムウェイやネットワークビジネスに10度以上勧誘され、周りの友人も数多く勧誘されてきました。そんな中で、僕が感じるアムウェイの嫌われる理由を6つご紹介します。

そもそも興味がない

お金儲け

まず一つは、お金儲けに興味がないパターンです。これはお金がいらないという意味ではありません。自分の今の現状に満足していて、お金もそんなに不自由していない人です。

 

そんな人に、「今の仕事辞めて、一緒にアムウェイで夢を叶えよう」「アムウェイビジネスはすごいんだよ!!」→「はいはい!!勝手にしてください(笑)」ですよね。

アムウェイの商品

次はアムウェイの商品ですよね(笑)

 

一般的に、「アムウェイの勧誘はうざいけど製品の質はいいんでしょ??」的なイメージをお持ちの人が多いと思います(笑)

 

アムウェイでは、「まずは日用品をアムウェイに変えよう!!」と言われます。これに対し、「変える理由がありません!!(笑)」というのが、一般的な回答だと思います(笑)

 

変える理由があれば、勝手に変えてますから(笑)

 

市販のものを使っていて、入っている成分が悪かろうと、現状問題ないなら、そのまま使いますよね。

 

 

そんな問題のない日用品をなぜ、わざわざ訳わからん高い値段のしかもイメージも悪いアムウェイに変えないといけないのか??となるわけです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

リア充感がたまらなくきもい

世の中には、大勢でわいわいして過ごしたいという人と、静かに少数の友達がいればいいと言う人がいますよね。

 

アムウェイやネットワークビジネスは、結構無理やり、大人数のところに引き込むんですよ。

 

 

まぁ、一緒に夢を追いかけるメンバーな訳ですから、顔合わせが必要ですよね。

 

 

バーベキューやら旅行やらスポーツやら、大人数でやるわけですが、そういうのが好きではない人もいるわけです。

 

それを一方的に「どうだい??アムウェイって楽しいでしょ??」て感じが無理な訳です。

 

 

しかも中には、結構¨いけてない人¨も多いんですよね~~(笑)無理してる感出てる人が(笑)

お金儲けの道具として使われている感

「一緒に夢を叶えたい」とか言ってますけど、「結局あなたのお金儲けのためなんでしょ~~」という意見よく聞きます。

 

これを言うと「アムウェイは全然そんなんじゃない!!」という会員がほとんどです。

 

アムウェイの報酬の仕組みをなんとなく知ってる人は、「なんであなたのお金儲けの手助けをしなきゃいけないの??」と感じるでしょう。

 

 

実際にあなたが、アムウェイにお金を落とせば落とすほど、勧誘した人にもお金が入る仕組みなんですから、否定しようもない事実ではあります!!

仲良くなったのは、結局勧誘のためなんでしょ??感

知り合って、仲良くなって、ある程度時間が経ったときに「実は、、紹介したい人が、、紹介したいビジネスが、、」と来る訳です(笑)

 

多くの人が、「きた~~。そういうことか」

とテンションガタ下がりな訳ですよね(笑)

 

 

¨仲良くなったあなただから教えたいのか、もともと教えるつもりで仲良くなったのか¨

これはどちらでも関係ないんですよね(笑)答えは分からないですから(笑)ただ、この¨残念感¨といったら他にないですよね!

 

 

結論から言うと、純粋に友達として付き合っている¨こちら¨と、ビジネスを介在させようとしている¨あちら¨で溝が生まれるのは当然ですよね(笑)

 

 

中学の時に、「お前仲良くなったから、ボディーソープ俺と同じやつに変えよう!!」てならないですよねw

この急な¨ビジネス感¨が、無理だという人が一番多いのではないでしょうか??

会員の宗教感

よくネットワークビジネス信者アムウェイ会員は、¨宗教っぽい¨と言われます。

 

自分より位が上の稼いでいる人の後を追うように、勧誘に奔走しているところ。

 

 

アムウェイの商品が、どれだけいいのか知らないですが、日用品を全てアムウェイ商品に変えてアムウェイ一色になっている感じ。

 

 

それだけならまだしも、同じ熱量で、僕らに勧めてきて、市販の日用品を使っている僕らが、さも悪者みたいに言ってくるあの感じ(笑)

 

 

たまらなく気持ち悪いですよね(笑)商品の良し悪しよりも、あれだけ¨周りが見えなくなっているその状態¨が怖いんですよ!!

 

 

以上が僕が思うアムウェイやネットワークビジネスが嫌われる理由でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です