ある社会人女性がアムウェイに勧誘された体験談 2

この記事では、ある社会人女性、Mさんのアムウェイ勧誘体験の続きをご紹介します。前編の記事はこちらです。

[kanren postid=”537"]

人数合わせの合コン

社会人サークルの掲示板で、「合コンの人数が一人足りないので女の子募集!!!」という投稿があったそうです。

 

Mさん当時、とにかく友達が欲しかったので、思い切って行ってみたそうです。

 

合コン自体は、男女3:3のいたって普通の合コンで、そこで「がっきーさん」という年上の女性と仲良くなりました。

 

最後まで本名はわからず、がっきーさんと呼んでいたそうですww

 

 

Mさん「友達作りのために合コンに参加しました!!」がっきーさんに話したそうです。

がっきーさんも地方出身者だったため、「私と一緒に友達作りしよう!!」となったそうです。

 

 

そこから、休みの日に一緒にカフェに行ったり、ランチをしたりの関係が続きました。

後々考えておかしな点は、予定を聞いてくるLINEの頻度が多すぎたことぐらいだったそうです。

 

毎日レベルでがっきーさんからLINEが来ていたそうです。

 

それ以外は、優しいお姉さん」という感じだったそうです。

 

 

しかし、ある時から、頻繁に「パーティーがあるから来ない??」という誘いが始まったそうです。

 

あまりにも誘われるので、「一回行っておくか!!」という感じで参加したそうです。

どんなパーティーかを聞いても、返事は具体的なものではなく、「仲のいい人が集まるパーティーだよ!!」という曖昧な返事だったそうです。

 

 

この時点で結構きもい笑

スポンサーリンク


スポンサーリンク

誘われた謎のパーティー

パーティー会場は、ハワイアンな開かれた居酒屋のような感じだったそうです。「人脈があれば、こういうところも安く借りられるよ」と言っていたそうです(笑)

 

ネットワークビジネスやアムウェイ信者は「人脈」という言葉が大好きです(笑)

その会場は、立食パーティー形式で、総勢十数人はいたそうです。

 

 

その中には、Mさんのようにアムウェイ会員によって連れてこられた人が、数人いたそうです。

パーティーのおかしな点がこちら!!

・パーティーに連れてこられた人のそばを、連れてきた人が離れない。監視役??
・パーティーに連れてこられた人同士での連絡先交換NG
・本名はNG、ニックネームで呼び合う。(がっきー、トッティなどwww)
・トッティから頼んでいないのに、ホワイトボードでネットワークビジネスの説明を受けるww

 

トッティは推定アラフォーの男性。がっきーさんの尊敬している人らしい(笑)

(アムウェイでの階級ががっきーより、トッティの方が上のため)

 

 

アムウェイ会員は監視役として、連れてきたターゲットを離しません。

がっきーさんは、パーティーの間中「何かあったら私に聞いてね!!」とずっとそばにいたそうです。立食パーティーの意味ないですよねww

 

 

この時点で、Mさんはパーティーの雰囲気がかなり気持ち悪かったそうです。

 

連絡先交換はNGですが、Mさん「みんなと繋がりたいから、LINE交換したい」と言いました。

 

 

 

すると、がっきーさん「これからも会うことあるし、今日は初対面だから交換しなくていいんじゃない??」と、訳の分からないことを言ったそうです(笑)

 

 

アムウェイでは、会員になった場合、アムウェイに誘ってくれた人の゙グループ゙に入ります。

それぞれ連れてこられた人が異なるので、パーティーに連れてこられた人同士が同じグループになることはありません。

 

 

パーティーに連れてこられた人同士が同じグループになることはないので、「連絡先を交換する必要がない」とアムウェイ側が考えているのだと個人的には思います。

 

 

ニックネームで呼び合うアムウェイやネットワークビジネスのパーティーは非常に多いです。

 

胸に名札を付けたり、アムウェイのリーダー格の人間がニックネームで呼ばれる場合も多いです。

 

このパーティーでは、Mさんを含め、初めて連れてこられた人がニックネーム入りの名札を付けていたそうです。
単純に呼びやすく、親しみやすくするためでしょうか。

 

 

トッティというのはイタリアの超有名なサッカー選手ですwwそいつがサッカー好きのため、この名前だったそうです。キモ過ぎですwww

ネットワークビジネスの説明。

いよいよパーティーの終盤になると、トッティが仕掛けてきます(笑)

頼んでもいないのに、ネットワークビジネスの凄さや稼ぎ方について、持参したホワイトボードを使って、説明してきたそうです。

 

ホワイトボード持参している時点でこのパーティーも勧誘目的ですよね(笑)

 

「人脈を増やすことで、君も稼げるんだよ!」
「今の若い人は、起業家志向が足りない!」
「もっと、自分で稼ぐスキルを身に付けるべき!」

 

という持論を、ホワイトボードを使って説明してきたそうです。

 

 

そして、ここで初めて、そのビジネスの正体が「アムウェイ」であると説明を受けたそうです。

Mさんは、現在の仕事に満足していたため、全く興味がなく断ったそうです(笑)

 

その日以降、がっきーさんにも連絡を返しませんでした。

 

 

 

しかし、そこから返信していないのに4か月にわたり、LINEで連絡がきたそうです。

連絡を返さなくても、ひたすら連絡してくるのはアムウェイ会員の特徴のひとつです。

 

このような場合、アムウェイネットワークビジネスを疑いましょう!!

以下のページでは、「僕の先輩がフットサルでアムウェイの勧誘された話」「僕の後輩の女の子がフットサルでアムウェイに勧誘された話」をご紹介しています!

[k[kanren postid=”176"][kan[kanren postid=”191"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です