僕のフットサルの後輩の女の子が実際にアムウェイに勧誘された体験談 4

この記事では、A子K君にアムウェイを勧誘された2日目についてご紹介します。前回までの内容はこちら。

[kanren postid=”191"][k[kanren postid=”203"]an[kanren postid=”211"]この日、A子「アムウェイをやろう!!」と決意します。

アムウェイに染まるA子

A子はアルバイトが終り次第、オフィスに来るように、前日にK君から言われていたため、19時半にオフィスに行ったそうです。

間髪を入れずに勧誘するのは、親兄弟や友達に相談する時間を作らないようにしていると思われます。

 

実際に勧誘2日目は、K君ではない別のアムウェイ会員がA子にアムウェイについての説明をしています。

40代ぐらいのお母さんのような温かい感じの人だったそうです。この日は、前日とは異なる製品の説明やデモンストレーションが行われました。

また『夢』『お金』『友達』『将来やりたいこと』についてK君とは少し違う表現で説明されたといっていました。

しつこく言ってくるな~(笑)僕なら『昨日も聞いたわ!!』と言うと思います(笑)

この日、K君はほとんど喋らず、A子の隣で保護者のように一緒に説明を聞いていたそうです。

監視員みたいで怖いですねww

自分と親しい誰かを隣に置き、その人とは別の全く知らない人が次々アムウェイについて説明をしている状況です。

このような勧誘の際に、多くの方は多少違和感があっても『最後まで話を聞こう』となるのではないでしょうか??

ここで『帰ります!!私興味ありませんから!!』と言って帰ってしまうと、

連れてきてくれた人との関係がぎくしゃくしてしまうのではないか」と思うのが普通だと思います。

僕は帰れます!!(笑)関係なく(笑)

A子はというと、積極的に質問をし、製品に対して好意的なリアクションをし続けました。

 

それに対し、40代の会員やK君は、『A子は賢いし視点がいい、若いし早くに成功するよ!!頑張ってね!!』と褒めちぎったそうです。

宗教や、ネットワークビジネスによくある相手を肯定だけして、褒めて気持ちよくさせる手法ですね(笑)とりあえず彼らは否定はしてきませんから(笑)

 

将来ずっと続ける仕事を人に紹介するのなら、こんな早い段階で無責任に『頑張ってね!!』なんて僕は言えません(笑)

スポンサーリンク

アムウェイをやろう!!

しかしA子は次のように思っていました。

『K君が立派なオフィスで質のいい製品を皆に広めるチャンスをくれている!!ラッキー!!私はいつもラッキーが降ってくる』

『人生大体ラッキーなことが自分を導いてきた、今回もそれだ!!こんな仕事を紹介してもらえるなんてラッキーー!!』

この時、決意したそうです(笑)「アムウェイをやろう!」と。

 

A子はちょうどサッカーアルバイトを辞めて、『目標がない状態』だったのです。

アムウェイに限らず、ネットワークビジネス会員はこういった隙を狙っています!!離婚したとき、誰かが亡くなったとき、夢や目標を見失ったとき、落ち込んでいるときなどです!!

しかし、「このような問題を解決するのは自分自身です!!会員が一生寄り添ってくれるわけではありません!!」と個人的には言いたいです。

スポンサーリンク


アムウェイからの宿題

そして、一通りの説明が終わりこの日A子が宿題としてもらったのは、

・アムウェイに関するDVDを見て感想を書くこと。(もらったDVDは計6枚)

今自分がやりたいことを100個書いてくること。

 

「この書いてきた100個をすべてかなえたときが本当になりたい自分で、アムウェイではその全てをかなえることができる」と言われたそうです。なんだか宗教じみていますよね~~(笑)

そして次の日は今までとは別のオフィスに来るようにK君から言われました。

アムウェイに対し、A子の父親は??

ここで、初めてA子は父親に「アムウェイというビジネスを始めようと思っている!!」と報告したそうです。

しかし、A子の父親もアムウェイを知らなかったそうです。

やはり知らないって怖いですよね??止めようも応援しようもありませんよね!!

その時は、A子と電話しながらネット検索し、悪い評判を見て一応釘を刺したそうですが、もうA子はやる気満々です。

次の日もアムウェイのオフィスに向かうのでした。

以下のページで、続編をご紹介していますので是非読んでみてください!(^-^)

[kanre[kanren postid=”235"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です