僕のフットサル仲間の後輩女子が実際にアムウェイに勧誘された体験談2

この記事では、A子がアムウェイに勧誘された1日目の『K君とのご飯の様子』をご紹介します。前回の内容はこちらです。

[kanren postid=”191"]

K君とのご飯

フットサルが終わり、A子はK君にご飯に誘われます。『A子明日空いてる??ご飯いこう!!』

A子は断る理由もないので、快くOKしました。

 

その日は最寄りの駅まで僕が送ったのですが、電車に乗るとすぐにK君から当日の待ち合わせ場所と時間がLINEできたそうです。

アムウェイ会員のアポに対する連絡は異常に早いです!!!

スポンサーリンク

なぜA子はご飯をOKしたか??

・この時ちょうど、アルバイトを辞めようと思っており、シフトを削り時間には余裕があった。

・最年少で、K君を含めフットサルメンバーを兄のように慕っていたため。

この時点で、A子とK君は出会って3か月が経っていました。

どれほどの仲かというと、1週間に2回ほどフットサルで顔を合わせ、試合の合間の時間やフットサル終わりに少し話す程度です。

「この段階で二人だけでご飯は早い!!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、彼女はそれほど慕っていたのです。

社会人とはいえ、この頻度で会い、お互いのノリが合えば仲良くなれますよね!

 

そして当日2人は、午後1時から2人でご飯を食べました。

出会って間もないため、序盤は共通の話題であるサッカーの話をしましたが、すぐに話すネタが尽きたそうです。

そしてA子から切り出しました。

K君の仕事の話

『K君仕事なにしてるんですか??お金はどうしてるの??』

「平日は何もしていない」と普段K君はメンバーに言っていたため、A子は以前から気になっていたそうです。

僕たちには「海外にサッカーで帰る」と言っていましたし、そこまで気にしていませんでした。

 

普段から隠さず、『アムウェイの仕事してる』と言えよ!!(笑)

K君からすると、飛んで火にいる夏の虫ですよね??『キターーーーー』と思ったでしょう(笑)

 

アムウェイ会員はアムウェイの話をどうやって切り出すかを常に考えているわけですからw

『ちょうどA子に俺の仕事の話したかった。A子に是非とも紹介してあげたいから、俺の仕事してるところに今から行かない??絶対わくわくする仕事だから!!』

これは実際のセリフですwww

ネットワークビジネスに免疫のある方は、うわ~ありえないわ~もっとマシな勧誘しろよ」と思いますよね(笑)

しかし、A子は今まで人を疑うということがなかったので、

『なにそれ!!きいてみよ!!』と思ったそうです。

 

そして、アムウェイの事務所があるオフィスに付いていきました。

この事務所は7階建ての普通のマンションの一室に、テーブルと椅子をオフィス風に並べた質素な部屋だそうです。

要は勧誘するためだけに作られた部屋ですwww

そこに連れてこられた先着の人達が、アムウェイ会員によってそれぞれ勧誘されていたそうです(笑)

連れてきた『カモ候補』に対し、会員がホワイトボードを使って日々アムウェイの説明をし、勧誘しているのです。

普通のマンションの一角で日々、このような勧誘が行われていると考えると怖いですね~~笑

次の3話からA子への具体的なアムウェイの勧誘が始まりますので、ご覧になってくださいね!

[k[kanren postid=”211"]kan[kanren postid=”225"]nre[kanren postid=”235"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です