僕のフットサル仲間の後輩の女の子が実際にアムウェイに勧誘された体験談 1

 

僕のフットサルの後輩の女の子がアムウェイに誘われ、一時はアムウェイをやる決心をしました。

また、なぜそこからアムウェイを辞めようと思ったかを具体的に「体験談1~5」としてご紹介します。

流れは『フットサル』→『K君とご飯』→『アムウェイのオフィス』→『なぜアムウェイをやろうと思ったか』→『アムウェイを辞めるです。

この記事では『フットサル』について、ご紹介します。

登場人物

A子

20歳 アルバイト 元プロサッカー選手(なでしこ)。高校までは強豪校でサッカーをし、全国大会も経験。

田舎出身、高校が寮生活だったため世間をほとんど知らない。天真爛漫キャラ。

アムウェイについては名前も聞いたことがない。

K君

29歳 元サッカー選手、海外でもプレー経験あり。現在はアムウェイ専業

ケガで帰国中。フレンドリーなさわやか系男子。

上級者レベルのフットサルメンバーを集めてその輪を広げていくことを目指す。

A子を勧誘するまではK君が『アムウェイの会員』だとは誰も知らない

27歳 大学まで体育会サッカー部 プロとも試合経験あり。

アムウェイ・ネットワークビジネスに免疫あり。(笑)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

フットサルの発足

僕たちは、K君主催で週2回、上級者を10名~20名を集めてフットサルをしていました。

このフットサルのメンバーは主にK君が集めました。

『自分が海外に帰るまでの間、レベルの高い人を個サルで集めてリハビリがてらフットサルをやりたい、だから君も一緒にやらないか??』これが誘い文句でした。

※個サル:個人それぞれがフットサル施設に予約し、集まった人たちでフットサルの試合を行うものです。

 

元プロの人に誘われ、その評価がうれしく、誘いに快く応じる人がほとんどで、

「どうせならレベル高くやれた方がいいもんね!!」という人が多かったです。

 

このように、K君はその後もフットサルで上手な人を見つけては声をかけました。

また、それぞれのメンバーが友達先輩後輩を誘い、人数も総勢40人ぐらいになりました。

その一人が、僕やA子でした。さて、A子はいわゆる、サッカー一筋で来た子です。

私たちのグループ内には全国経験者元プロの女の子が数人いますが、A子は一際上手で、まさに男子顔負けでした。

 

僕らのフットサルのメンバー内でも、「あの子めちゃくちゃうまいな~」とすぐになりました。

彼女は最年少であり、またその天真爛漫なキャラから、フットサルに参加する常連のメンバーとすぐに仲良くなりました。

 

試合の合間に他のメンバーと話したり、試合の前後にボールを蹴ったりして、どんどん打ち解けていきました。この頃からA子は目立っていたのです。

A子は最年少のメンバーであったため、他の男性メンバーにはお兄ちゃんのように接していました。

 

K君も『最近A子は自分を出してきて、天真爛漫で妹のようにかわいい、サッカーもかなりうまい!!』と、とても気に入っていました。

 

またA子も、『K君は元プロのサッカー選手で、上手くてしかもフットサルをさせてくれる場所を作ってくれて有難い!感謝していました。

K君とA子は、お互いが信頼し合う関係になり始めていたのです。

A子は遠方の施設でフットサルを行う時もほとんど全日程参加していました。

 

K君とA子は、フットサル開始30分前には集合し、2人でボールを蹴る関係が1か月ほど続きました。

2人が仲良くなっていることは、周りのメンバーも気づいていましたが、誰も疑問は持ちませんでした。

 

社会人と言えど、これだけ接していれば仲良くなるのも自然ですよね!そんなA子にその日が訪れるのです。

『A子、明日空いてない??飯行かない??』とK君が切り出しました。

ここからK君による怒涛のアムウェイの勧誘が始まります。

以下のページで、続編をご紹介してますので是非読んでみてください!(^-^)

 

[kanren postid=”203"] [k[kanren postid=”211"]kan[kanren postid=”225"]nre[kanren postid=”235"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です